ケース研修 担当メインインストラクター紹介

敬称略:50音順


川野 太 (かわの ふとし)

キャリア (経歴)

大手メーカーにて研究・開発・設計業に従事し、27歳で独立。現在、小規模事業者~上場企業、地方自治体に至るまで幅広くIT経営の実現・推進を支援しています。(特非)ヒューリット経営研究所、(一社)ヒューリットMFの役員の他、金融機関の登録アドバイザーなどに任命されています。


メッセージ

25年以上に及ぶ経営・支援経験を踏まえて、IT経営推進PGLに基づき、組織のIT利活用推進、セキュリティ強化、人材育成をはじめ、経理・営業・生産など経営全般、特に、情報化投資を通じた経営改革について総合的な指導・支援を行っています。企業経営者や専門家、自治体職員などへの研修・セミナーも多数行っており、ケース研修では、これらの実践的活動を背景に、豊富な経験に基づく、具体的な事例を通した解説は、すぐに実践に使えると、高い評価を戴いています。また、ITCとして全国の商工会議所などの所長や指導員向けの研修教材の開発から研修の実施、支援ハンドブックの執筆なども行っております。ケース研修では、これらの支援ツールなども開示しています。

2018年度第2期ケース研修担当コース/実施機関


木村 玲美 (きむら なるみ)

キャリア (経歴)

ITC-METRO理事。リクルート等を経て中小企業支援の会社を経営する傍ら、IT企業や情報システム部門の組織開発、人材養成にも携わる。経済産業省IT経営教科書策定委員等も歴任。


メッセージ

IT技術のビジネスへのインパクトの理解、経営課題を見極めてのITの利活用の提案、経営とITの橋渡しができる真のITコーディネータを共にめざしませんか?プロセスの肝、実践的かつ最新の手法をお伝えします。スポーツ、ヘルスケア、メンタルヘルス、働き方、防災などの注目領域×ITの利活用(IoT含)が最近の私のテーマです。経済産業省のヘルスケア×IoTを競うアイデアソンのイベントで昨年度優勝も果たしました。

2018年度第2期ケース研修担当コース/実施機関


児玉 学 (こだま がく)

キャリア (経歴)

大手情報出版社グループ、大手経営コンサルタント会社、都市再開発コンサルタント会社勤務を経て、1999年経営コンサルタントとして独立。

2000年㈱ファインサポート設立、代表取締役就任。2004年ITコーディネータ有志数名と共にNPO法人ITコーディネータ広島設立。理事長就任。


メッセージ

本業の経営コンサルティング・ITコンサルティングに従事すると共に、現在広島県よろず支援拠点のコーディネーターとしても活動中。ケース研修・インストラクタとして10年以上のキャリアを持ち、県立広島大学大学院でも毎年大学院生向けに「IT経営論」を講義。実践に基づく具体的で分かり易い講義が持ち味。

ITコーディネータ・中小企業診断士・知的財産アナリスト。

2018年度第2期ケース研修担当コース/実施機関


坂田 岳史 (さかた たけし)

キャリア (経歴)

有限会社ダイコンサルティング代表取締役

平成12年IT経営コンサルタントとして独立。その後、中堅・中小企業のWeb

活用やシステムを活用した経営・業務改革指導を行う。指導先が、IT経営力大賞で最優秀賞を受賞するなど、IT経営の指導には大きな実績がある。

ITコーディネータ、ITストラテジスト、中小企業診断士


メッセージ

IT経営コンサルタントとして独立して16年が経ちました。その間に、100社を超える中小企業様のIT経営実践指導をさせて頂きました。その中には、IT経営力大賞で1社が最優秀賞を、2社が優秀賞を受賞されてました。ケース研修では、これらの実績を基に机上の理論だけでなく、企業がIT経営で成果を出す為の真の取組も講義させて頂きます。

2018年度第2期ケース研修担当コース/実施機関

京都府【京都市】/週末2-1



徳永 雅彦 (とくなが まさひこ)

キャリア (経歴)

ソフトウェア開発会社に26年間勤務。2011年に独立後、中小企業の経営・IT導入支援、情報セキュリティ対策支援に従事。2013年よりITCケース研修インストラクタを担当。


メッセージ

「IT経営」の主役は経営者です。その経営者を支援し、「健全で継続的な企業の成長を導く経営手法」を実践するところに、ITコーディネータの活躍の場があります。ITコーディネータおよびIT経営推進者の実行基準と判断基準である「IT経営推進プロセスガイドライン」を、ケース研修を通じて、一緒に学びましょう。

2018年度第2期ケース研修担当コース/実施機関

千葉県【船橋市】/週末2-1



西 哲一郎 (にし てついちろう)

キャリア (経歴)

米国大手コンサル出身のコンサル専門の会計事務所、情報通信製造業(上場企業)で勤務。その間、数多く中堅企業の業務改革・IT導入支援した。その後ベンチャー企業の立ち上げから現在に至る。ITC資格取得後、神奈川県中小公社、横須賀市産業振興財団にて、多数の企業を支援した。ITマネジメントサポート共同組合理事、企業の顧問。


メッセージ

会計事務所、上場企業での業務改革、経営戦略会議、マーケティング活動、販路開拓、新製品開発、赤字企業の黒字化等様々な経験をしました。これらの経験はすべてIT経営推進プロセスガイドラインに体系化されて、集約されています。ITMSの101人のケース研修終了生には、PGLの解説とその場面での実例紹介が大変好評でした。

2018年度第2期ケース研修担当コース/実施機関

東京都【神田】/週末2-3



西川 昌祐(にしかわ しょうすけ)

キャリア (経歴)

愛媛県内の産業支援機関における企業の支援活動は30年目です。企業の情報化、経営力向上、創業・起業支援の現場では、「お客様に喜んでいただける」成果を追求しています。


メッセージ

松山会場のケース研修では、自社及び支援先の経営力を強化するために、これまで、企業経営者や後継者、支援機関職員など様々な個性豊かな参加者に恵まれてきました。

受講者の皆様には、一つでも多くの気づきを持ち帰っていただくとともに、ITC愛媛に蓄積した県内企業及び自治体等への支援ノウハウを共有してまいります。加えて、資格取得後の経営活動や専門家派遣の土台作りのため先輩ITC等との交流を応援します。

2018年度第2期ケース研修担当コース/実施機関

愛媛県【松山市】/週末2-1