ケース研修 担当メインインストラクター紹介

敬称略:50音順


土方 千代子 (ひじかた ちよこ)

キャリア (経歴)

SEからコンサルタントとなった経験を活かし、経営戦略から業務改革、IT戦略立案・導入・評価などを実施。2000年からITC活動にも関わり、現在も経営者の相談役として活動中。


メッセージ

ITCケース研修は、これからのITCの仲間達がITC領域の経験を体感する第一歩です。そして、ITC取得後は同じITCの仲間として、学習やビジネス活動を一緒に出来ることを目指します。ケース研修は、楽しくちょっと厳しい実践的な研修になるように心がけています。その領域の経験のある方は自身の振り返り、無い方は新たな体感の場です、一緒に学んでいきましょう。参加をお待ちしています。

2017年度第2期ケース研修担当コース/実施機関

【21】東京都【池袋】/週末2-7



平戸 隆 (ひらと たかし)

キャリア (経歴)

大手ITベンダー出身。傾聴力、情報収集力、分析力、豊富な開発プロジェクト管理経験を武器に中堅・中小企業のIT化を支援。2001年度よりITCの育成支援にも従事。


メッセージ

PGLを読んでなかなか頭に入ってこないことに驚いている貴方へ。事前課題、講義、グループワーク、レポート課題をこなしていく中で、次第にITCのフレームワークに対する理解が深まっていくよう、丁寧な指導をお約束します。試験対策講座とセットで受講することで毎回多くの先輩がITC資格を取得しています。一緒に頑張りましょう。

2017年度第2期ケース研修担当コース/実施機関

【25】東京都【池袋】/平日2-7



平野 尚也 (ひらの なおや)

キャリア (経歴)

外資系、および日本の大手情報通信企業の役員を歴任。

同時に、公的機関各種委員、大学院講師、東京地方裁判所専門委員、調停委員を務める。

ITC制度発足当時から現在まで、約600名のITCを育成。

「ITC協会新ケース研修ワーキンググループ」でリーダを務める。

日本経済大学大学院講師、中小企業診断士(経済産業省)、

情報システムコンサルタント(情報システムユーザ協会)


メッセージ

ITC制度発足当初から、毎回、継続して講師を務めています。

以下は当コースの特長です。

① 現役の経営者(講師)から生の声を聞き、

「本物の経営、経営者との会話」を体験できます。

② ケース研修テキストでは学習できない「IT経営の奥義」を

毎回、「ITC先輩の声(OB Voice)」としてご紹介します。

③ こうした講義を通じて、単なるケース研修ではなく、

みなさんの明日からの実務に直ぐに役立つ、

スキル・ノウハウ・実践力を身に着けることができます。

当コースへのご参加をお持ちしております。

一緒に楽しく学びましょう!

たくさんの発見があります。

2017年度第2期ケース研修担当コース/実施機関


廣澤 博 (ひろさわ ひろし)

キャリア (経歴)

関西のメーカー、SI企業を経て、2011年に独立。

支援機関のアドバイザー等、中小企業の支援を独立系ITコーディネーターとして実施。2014年より県のIT人材コーディネーターとして人材確保支援も実施。


メッセージ

社内知識のデータ化、オープンデータ、それらを用いた生産性の向上など、地方の中小企業のIT化はまだまだ前進して行ける、チャレンジして行ける時代です。

このような時代の中、経営者に寄り添ってIT経営を考えるITコーディネーターの存在は以前にも増して必要になっていると考えます。

研修に参加して頂くことで、ITコーディネーターの役割を深く知り、その必要性を強く感じていただけると思います。

2017年度第2期ケース研修担当コース/実施機関

【13】島根県【松江市】/週末2-1



本田 秀行 (ほんだ ひでゆき)

キャリア (経歴)

大手SIerでSEとして勤務後、2006年にITコーディネータとして独立。

2007年8月より、宮城県のITアドバイザーとして、県の情報システム最適化計画策定や調達支援などの仕事がメインです。


メッセージ

独立後、自治体のアドバイザーとして、ユーザーの立場に立ったITコーディネータらしい仕事をさせていただいています。

独立前はSEとして仕事をしていたので、ITコーディネータとして、どのような支援をしていったら良いか、ベンダー側、ユーザー側の両方の視点から、実経験を交えながら、お伝えすることができると思います。

自分のキャリア形成のためだけではなく、ユーザー支援のために学んでいきたいという受講生をお待ちしています。

2017年度第2期ケース研修担当コース/実施機関

【16】宮城県【仙台市】/週末2-1



水口 和美 (みずぐち かずみ)

キャリア (経歴)

ITコーディネータ制度がスタートした当初から現在まで15年に亘り、ケース研修のインストラクターとして毎年新たなITコーディネータを多数創出しています。


メッセージ

ケース研修では、実際のIT経営構築支援、IT導入支援等、実際のコンサルタント実践の経験に基づく成功例、失敗例を豊富に取り入れた内容で研修を進めます。

また、ロールプレイングの手法により、実際の企業の現場に近い疑似体験をしていただくことにより実践力を鍛えることができます。

2017年度第2期ケース研修担当コース/実施機関

【10】愛知県【名古屋市】/週末2-1



矢野 一男 (やの かずお)

キャリア (経歴)

大手情報通信会社に約39年間勤務。事業部門でネットワーク技術者(含、米国駐在)、開発企画、工場管理を経て管理部門の経営企画・管理を担当。又、ソフト開発関係会社の経営者、製造関係会社の監査役を経験。


メッセージ

大手情報通信会社グループで培った幅広い実務経験、特に中堅規模の経営者としての経験を活かし、中小・中堅企業に対して経営革新およびIT化の支援を目指し、同じ目標を持ったITコデーネータの仲間とともに「NPO東京ITコディネータ」にて活動しています。

当NPOでは時代に合った多くのITコーディネータを育成するため、出身会社も様々で豊富な経験を持った有志がチームを組み、あらゆるノウハウの伝承に努めています。

2017年度第2期ケース研修担当コース/実施機関

【2】東京都【日本橋】/週末2-2



山口 透 (やまぐち とおる)

キャリア (経歴)

2017年第1期 ITC京都ケース研修サブインストラクター


メッセージ

システムインテグレーターで、長年ITコーディネータのメソッドを活用してきました。その実践経験を活かした研修を行います。

2017年度第2期ケース研修担当コース/実施機関

【34】京都府【京都市】/平日2-1



横屋 俊一 (よこや としかず)

キャリア (経歴)

(株)ナレッジ21取締役会長。システム開発会社を経営しながら、企業経営者の視点とITCの視点を持ち、これまで中小企業のIT経営を支援。現在、地方のITCの代弁者として、ITコーディネータ協会の理事も務めている。


メッセージ

ITC制度の第1期からITC活動を行い、インストラクターとしても多くのITCを育成してきました。今はITコーディネータ協会の理事としても活動しています。これらの活動の中で蓄積した実践経験と知識をもとに、「ITCを目指して間違えなかった」と思ってもらえるインストラクションを行いたいと考えています。是非、石川県外の方も、味覚と観光の素晴らしい金沢でのケース研修を体感ください。

2017年度第2期ケース研修担当コース/実施機関

【30】石川県【金沢市】/週末2-1