進化するITコーディネータ

ITコーディネータ(ITC)は、経営者の立場に立って、経営とITを融合し、 真に経営に役立つITサービス利活用の推進・支援を行い、IT経営を 実現するプロフェッショナルです。

IoT新時代における経営革新・業務改革ニーズに合致する戦略的なITサービス利活用のため、新たな役割を担います。 また、これからの時代のイノベーションをリードしていく人財として、 ITコーディネータは、幅広い業界から期待を集めています。

 

*ITコーディネータ協会(ITCA)

「経営者の立場に立って経営に役立つIT利活用を推進する人財」ITコーディネータを認定・育成・普及するために、国家施策の一環として、 2001年に設立されました。


多様なフィールドで使える、確かな「武器」を身につける!

ITコーディネータが活躍できるフィールドは様々です。
「企業内」で活動中のITコーディネータは、経営企画、営業、システム開発、システム運⽤、監査等それぞれの⽴場で、「IT経営」を実践しています。例えば企業に所属しながら、自社内やクライアントに対して最適なIT導入支援やその他の改善を提案しています。

また多くの「独⽴系」ITコーディネータが、社外CIOやコンサルタントとして活躍しています。個人の専門性を軸としてIT導入による改善や新たな市場開拓等のITコンサルタントや顧問として実践しています。 さらに、中立的な立場で国や自治体、金融機関の行う各種支援施策におけるIT分野の専門家としての活躍の場も増えてきています。


資格取得による様々なメリット

  • IT経営推進プロセスガイドラインをバイブルとした現場で活きる実践スキルを獲得
  • 経営知識・IT知識の融合と向上
  • 提案力で差をつける
  • スキルアップで年収増
  • CIOとしてイノベーションをリードしていく人財に
  • コンサルタントとして独立するための知識と技術の証明
  • 全国で活躍する幅広い人的ネットワーク構築 …

IoT新時代におけるITコーディネータのエボリューション