IT経営とは?



IT経営の定義

ITコーディネータ協会では、「IT経営とは、経営環境の変化を洞察し、戦略に基づいたITの利活用による経営変革により、企業の健全で持続的な成長を導く経営手法である」と定義しています。

IT経営の構図

IT経営を実現させるためには、経営者ならびに経営者からの命を受けた担当者(IT経営推進者)が以下の3つの領域に注力しなければなりません。

  • 変革を推進できる組織に成長させる(ガイドライン第2部 IT経営認識領域)
  • 変革構想をIT利活用で実現する(ガイドライン第3部 IT経営実現領域)
  • 関係者が同じ方向を目指すようにする(ガイドライン第4部 IT経営共通領域)