受講のご案内


どなたでも受講できます(研修対象者とレベル)

 ITCAの研修は、対象者としておおむね3年以上の実務経験者を想定しています。ITC限定講座は僅かで、基本的にどなたでも参加できます。

研修のレベルとしては、易しさや難しさの評価は個人差があるため、以下のような表現を用いています。

導入  : 本格的な学習に入る前に受講すべき講座

基本  : 当該カテゴリにおいて、基本的に押さえておくべき講座

(一般的には基礎と呼ばれるレベルです)

応用  : より実践的なスキルを求める場合に受講すべき講座

(一般的には中級と呼ばれるレベルです)

上級  : 基本・応用スキルを身につけたうえで受講すべき講座


受けやすい研修が選べます(研修の実施タイプ)

 3種類の研修実施タイプがありますので、企業や団体で受講させやすいタイプの研修をお選びください。


全国で開催できます( 研修の開催日、開催地)

 オープン型研修の最新開催情報は、必ずITCAホームページでご確認ください。

ITCAオープン型の研修は、主として東京開催ですが、ご希望に応じて各地域での開催が可能です。

各地域での開催は、地域ITCコミュニティ(届出組織という)や研修機関が主催する場合もあります。


コミュニティに参加できます( 受講後のフォローアップ)

受講修了者でコミュニティを形成し、受講後しばらくして受講者が一堂に集まり、研修の成果が出たかを語り合い実践に繋げる研修や、講師に一定期間、仕事の悩みを含めて質問ができる研修もあります。

また、全国にはITC資格者を中心に各地域コミュニティ(届出組織)が200程度あり、ITC資格がなくても参加ができるコミュニティもあります。

皆さまの積極的なご参加をお待ちしています。


廉価な費用で実施できます( 企業内・団体内での開催)

ダウンロード
標準価格表.pdf
PDFファイル 47.9 KB

当研修カタログ内記載の講座のほとんどは、ご希望の企業・団体内でのオンサイト研修が可能となっております。

この場合、研修実施費用はお見積もりとなりますが、受講人数によって、オープン型研修に個別参加させるより一人当たり受講料が廉価となります。


育成目標に合わせた研修に変えられます( 講座のカスタマイズ)

オンサイト研修の場合、育成目標や経営課題にあわせた教材や教え方のカスタマイズが可能です。特に、ケース研修型の場合、自社ケースにすることでより実践的な育成が可能となります。

また、プログラムや研修時間のご希望にもご相談に応じます。教材の改訂にはカスタマイズ費用が発生する場合もありますが、詳しくはお問い合わせください。