IT経営実践スクール


ご挨拶

 日頃よりITコーディネータ協会(ITCA)の活動にご理解、ご協力を賜り御礼申し上げます。

 今、社会は、クラウドやモバイルなどが新しいビジネスモデルを生み、新たな時代が築かれようとしています。ITをいかに利活用して経営に活かし、顧客や社会に価値をもたらすかが問われています。

 国も「攻めのIT 経営」を掲げ、企業に戦略的なITの利活用による変革を促しており、IT 業界に関わる方々も社会変化を見据え顧客の立場に立って、経営の目線でシステムのあり方を語ることが求められています。

 ITCAは、協会設立以来1万人以上のITコーディネータ(ITC)を育成し、現在6200名の資格者がIT 経営の現場で活躍しております。このITCの活動実績に基づく知見は、人財育成モデルや研修プログラムの開発にも活かされており、すでに過去5年間にわたり、多くの企業内研修や大学院での授業などでもITCAの研修が利用されています。

 この度、協会の実績ある研修のうち、企業内研修や大学院等での演習などでもご利用いただける研修を選りすぐり、皆様に広くご活用いただけるよう、「IT経営実践スクール」として公開させていただく運びとなりました。

 なにとぞ、ITCAの研修をご利用いただきますようお願い申し上げますとともに、今後ともITCAの活動にご理解、ご協力を賜わりますようお願い申し上げます。


特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会

会長   播磨 崇


目次